日本語字幕と音声ガイドで感動をみんなのものに!

「映像をバリアフリーに」ってどういうこと?

みんなで感動を共有するための手段

外国語の映画を映画館やテレビで観るときに、あなたは字幕版と日本語吹き替え版のどちらを選びますか?

あの俳優の声が聞きたいから字幕版、
文字を読むのが嫌だから吹き替え版、
様々な好みがあるでしょう。

「映像のバリアフリー」とは、ただ、この選択肢を増やすことです。

私たちの活動は「字幕の入っていないDVDに字幕を入れてください」という一人の耳が聞こえない映画ファンの声からはじまりました。
聴覚や視覚に障害のある方が映画を十分に楽しめていない現状を知り、当事者とともに試行錯誤しながら、様々な工夫を提案しています。そんな活動の中で、バリアフリー字幕、手話映像、音声ガイド、外国語字幕…選べるメニューを増やせば、映像にアクセスできる人が増え、いろんな状況の人が一緒に映像を楽しみ、感動を共有することができることに気がつきました。

バリアフリーと聞くと、スロープやエレベーターを想像される方もいらっしゃるかと思います。たとえば階段を登ることができる人でもスロープやエレベーターを快適に利用することがあるように、映像のバリアフリーも、決して障害者対応だけのものではありません。

映像の味わいを深め、映像にアクセスする楽しみが増えるバリアフリー化は、映像・映画の未来のカタチだと信じています。

映像のバリアフリーについて、私たちと一緒に考えてみませんか?

tsuta
tsuta

バリアフリー上映とは

たくさんの人が映像にアクセスできるよう、「バリアフリー字幕」「手話映像」「音声ガイド」などを備えた上映のことです。

オープン? クローズド?

バリアフリー上映に際して、バリアフリー字幕・音声ガイドつきで上映するには2つの方法があります。

1)オープン方式
バリアフリー字幕付きの映像を上映し、会場全体に音声ガイドを流す方法
2)クローズド方式
一見、映像に字幕や音声ガイドはなくても、携帯機器などから必要な方だけに字幕や音声ガイド付きで鑑賞いただく方法

※ON OFF可能なテレビの字幕を「クローズドキャプション」というのに対し、映画の翻訳字幕のように焼き付けて上映される字幕を「オープン字幕」といいます。

バリアフリー映画上映会では、通常、バリアフリー字幕はオープン方式、音声ガイドはクローズド方式で上映する場合が多いです。

→ バリアフリー上映会をするには?

バリアフリー字幕とは

映像作品の「音」が伝えている情報を文字にして表示するもの。翻訳字幕と違って音が聞こえていないことが前提のために、一読して内容が間違いなく伝わるよう、文字の表記やレイアウトに気をつかって言葉の内容を表示するとともに、誰の声か、どういう声か、さらに声のほかに存在する、情報として必要な音や音楽が伝えるものを文字化することが求められます。

手話映像とは

文字よりも手話でのコミュニケーションに慣れている方のために、映像作品の「音」が伝えている情報を、通訳者が手話にして伝える映像。
生放送の議会中継などで、小窓で表示されることがあります。あとで付与する場合には、もとの映像との同期が重要です。

 

音声ガイドとは

映像作品の「画」が伝えている情報を言葉で説明するナレーション。
美術館や歌舞伎の音声ガイドとは異なり、映画・映像の場合は目の見えない方、見えにくい方に配慮して、情景・場面・人物の動きなどを、簡潔にわかりやすく、作品の意図に沿って伝えることが求められます。外国語映画には、音声ガイドの他に日本語吹替えが必要です。

 

必要とされている方が大勢おられます

日本の現状

 

2006年12月13日に開かれた第61回国連総会において「障害者権利条約」が採択され、2014年1月20日に我が国も批准しました。その第30条は以下のようになっています

1 締約国は、障害者が他の者との平等を基礎として文化的な生活に参加する権利を認めるものとし、次のことを確保するための全ての適当な措置をとる。
(a) 障害者が、利用しやすい様式を通じて、文化的な作品を享受する機会を有すること。
(b) 障害者が、利用しやすい様式を通じて、テレビジョン番組、映画、演劇その他の文化的な活動を享受する機会を有すること。
(c) 障害者が、文化的な公演又はサービスが行われる場所(例えば、劇場、博物館、映画館、図書館、観光サービス)を利用する機会を有し、並びに自国の文化的に重要な記念物及び場所を享受する機会をできる限り有すること。

批准に伴い国内法の「障害者差別解消法」が2016年4月1日に施行されました。
これにより映画・映像のバリアフリー化は待ったなしの状況になりました。
現在、放送字幕に対しては総務省の補助金政策(毎年約5億円)があり、字幕付与率は高まっているものの、パッケージや映像配信など、多様化が進むメディア のほとんどにおいて、字幕・音声ガイドなどのバリアフリー化はまったくと言ってよいほど進展していません。違うメディアにアクセスする度に障害者は声を上 げ続けなければならないのでしょうか?
また、内閣府の「平成19年版高齢社会白書」では65才以上が2,660万人と報告されています。70才で確率的に約5割が高齢難聴となります。何もしなければ優れた芸術にアクセスできない方々が、今後爆発的に増えるというのが我が国の実情なのです。

解決すべきことは?

 

映画・映像業界、権利者団体、障害者団体等、そのすべての歩み寄り

日本の映画を映画館で観るとき……

字幕が入っていると「邪魔だなぁ……」と思う方がおられるかも知れません。音声ガイドがスピーカーから流れると「うるさいなぁ……」と思う方がおられるかもしれません。これらは、字幕表示端末、音声ガイドのFM配信などで解決します。少しだけ歩み寄れば同じ空間で映画を皆で楽しむことが可能なのです。
「ボランティアで字幕と音声ガイドを付けたいのだけど、著作権があるのでできないのでしょ?」映画館などでバリアフリー上映を行う場合、作品そのものの上映許諾を得ていればバリアフリー化は基本的に問題ありません。ただし、監督の同一性保持権に留意し、作品の意図に忠実なデータを用意する必要はあります。MASCは当事者の方々と作品の権利者、上映館、上映サポート活動をされている団体を結びつけます。これまでお互いの交流がなかったためグレーになっていた問題を歩み寄りで解決していきましょう。

バリアフリー実現のためにコストダウンへの知恵

映像のバリアフリー化が進まない大きな理由はそこにかかるコストにあるます。できないことを可能にするためには“必要である”という認識を持つことが最も近道。そこからアイデアと技術を駆使すれば、たとえば私たちが提案しているような、サーバ上にデータを置くだけで映画館から家庭まで、映画をバリアフリーにする仕組みをつくることが可能になるのです。たとえば字幕の場合、配信による同期であればパソコンベースで制作と運用ができ、上映作品で字幕をDCPに組み込む工程に比べて1/4以下にコストを押さえられるのです。また、同じ作品に対して放送局やメディアの発売元ごとに字幕制作が行われている非効率な現状を、映像業界全体をとおして効率的なかたちに変えていく必要があります