日本語字幕と音声ガイドで感動をみんなのものに!

【開発事業】 よりよい鑑賞の環境を整えるために

バリアフリーに立ちはだかる大きな問題はコストと設備。私たちはこれを解決するために多くのチャレンジを行っています。

これまでに、字幕や音声ガイドが記録されていないDVDに対して、ネット上から字幕データを配信、PC上で同期させて再生する映像バリアフリープレーヤー「おと見」。字幕がないDVDに自分で字幕が簡単に作成でき、そのまま字幕付きで観ることができるソフトウェア「おこ助」シリーズを開発、字幕視聴や作成技術だけでなく手話映像の同期や音声ガイドの同期再生へのハードルも下げることができました。

さらに、現在劇場公開作品では、たとえ字幕や音声ガイドを制作したとしても、映画館に専用設備がないために上映回数が少ないのが現状です。そこで、字幕や音声ガイド、手話映像などをスマホやヘッドマウントディスプレイなどの携帯端末に同期表示させるシステムを実用化させています。(アプリ「UDCast」

これらにより映画館上映での運用はもちろん、展示やイベント、放送の世界でのバリアフリー版の鑑賞機会が増えるでしょう。

これからも既存の考え方にとらわれない、新しい視点で映像バリアフリーがあたりまえの社会のための開発を続けてまいります。

 

UDCast対応された劇場公開作品

2016年7月23日公開『ONE PIECE FILM GOLD』
 http://www.onepiece-film2016.com/news/1217.html
  対応劇場一覧はこちら。(一部対応していない劇場もあり)
  http://theaters.toei.co.jp/TheaterList/?PROCID=02509B

2016年8月6日公開『秘密 THE TOP SECRET』
  上映劇場一覧はこちら。
  http://himitsu-movie.jp/theaters3.html
  作品公式ホームページはこちら
  http://himitsu-movie.jp/

「UDCast」アプリのご利用ガイドは以下のページをご覧ください。

PDF版
http://udcast.net/…/s…/89b990ba83k83c83h979897p83k83c83h.pdf

テキスト版はこちら。
http://udcast.net/_src/sc2847/shikakug.txt

東京国際映画祭 「映画の未来」バリアフリー企画の歴史

第1回2011年10月28日第1回 〈バリアフリー上映を考える〉
鑑賞を諦めている視覚障害、聴覚障害の方がいることの周知を目的として音声ガイドはFM送信型、字幕はスクリーン焼き付け型で上映
「幸福の黄色いハンカチ」上映+「視聴覚障害者のための『映画』の在り方を考える」シンポジウム
基調講演:山田洋次監督 パネルディスカッション

第2回2012年10月25日第2回 〈バリアフリー映画をスタンダードに〉
セリフの無い映画を音声ガイドは観客全員で聴くオープン形式、音情報を入れた字幕はスクリーンに焼き付けた形式での実験的な上映の試み
「裸の島」バリアフリー版上映+シンポジウム

第3回2013年10月24日第3回 〈バリアフリー上映に対応する新しい劇場設備と、広がる観客の可能性について〉
映画本編に音声透かしを入れて音声ガイドや字幕をアプリと同期させるシステムを初披露。外国語字幕にも対応。
「武士の献立」上映+シンポジウム

第4回2014年10月24日第4回 〈新しい映画鑑賞システムを体験!!〉
前年の同期技術を使ったアプリ「UDCast」で必要な人だけが使うことができる字幕と音声ガイドの提供。いつどの回でもバリアフリー化の実現を提案
「舞妓http://udcast.net/はレディ」上映+シンポジウム
メガネ型端末セイコーエプソン製MOVERIOとオリンパス製MEGによる字幕表示/iPod touch、iPhoneによる音声ガイドを来場者全員が体験

第5回2015年10月29日第5回 〈バリアフリーから広がる新しい観客との出会い〉
アプリ「UDCast」と機器を使用し、字幕(日本語/英語)と音声ガイドを提供。視聴覚障害者がいつでもどこでも映画が楽しめる時代へのキックオフイベント。
「海街diary」上映+シンポジウム ※レポートはこちら!

2016年
エヴィクサー社の全面協力により、音声解析と音声透かしの両方に対応した「UDCast」で、2016年4月1日施行「障害者差別解消法」に伴い、公開中の映画で調査事業を実施中。新しい観客を映画館に呼び込むシステムとして提案。

より柔軟な字幕制作のための開発「おこ助」

okosuke_iconDVDなどに字幕が必要!と思っても、それを実現するために、これまでは専門家に頼むか、自分で動画ファイルを作り、それに合わせて字幕データを作成して映像に焼き込むといった、パソコンや映像の知識が豊富な方でしか対応できない領域でした。

「おこ助」はWindowsPCでDVDを再生させながら、そのまま字幕制作が行え、重ねて表示させることができる画期的なソフトです。

DVDなどに字幕を配信表示する「おと見」

otomi_icon字幕がなくてあきらめていたDVDや映像に字幕を付けて再生できるプレーヤーです。

ネット上にある「おと見専用字幕倉庫」に登録された字幕を読み込むことで、字幕付再生を実現していますが、おこ助で個人作成した字幕を使って再生することも可能なすぐれもの。上映許諾を得た作品であれば字幕付の上映会もより簡単に行うことができます。