日本語字幕と音声ガイドで感動をみんなのものに!

バリアフリー字幕対応が充実してきた動画配信サービス

劇場公開では、UDCast字幕配信も始まり、DVD・Blu-rayにもバリアフリー字幕が広がってきました。

そして、動画配信はどのくらい字幕対応されているでしょうか?

1 「Netflixhttps://www.netflix.com/jp/

言わずと知れた、全世界で利用されている世界最大級の映像配信サービス。アメリカ本国でアクセシビリティへの対応が当たり前になっているため、様々な字幕が選択できるようになっています。
各国のバリアフリー対応も良く分かります。

「日本語[CC]」がバリアフリー字幕になります。

netflixの字幕・音声設定画面を開くと、音声は日本語と日本語副音声、字幕はポルトガル語、日本語(CC)、簡体中国語、英語、韓国語、なしが選べる。

 

2 「huluhttps://www.happyon.jp

50,000本以上のドラマ・映画・バラエティ・アニメ・スポーツを楽しめるオンライン動画配信サービスです。昨年より「字幕ガイド」という名称でバリアフリー日本語字幕に対応しています。平成31年3月現在、130シリーズ、1700エピソードに対応しています。

トップページにて[字幕ガイド]付き作品が選択できます。
検索で「字幕ガイド」と入れると、リスト化されます。

3 「バンダイチャンネル」http://www.b-ch.com/ttl/caption_list.php

新番組から名作までアニメ動画がたっぷり楽しめる日本の配信サービス!トップページの「全作品一覧」から「日本語字幕付き」が選べます。その数なんと160タイトル以上!

動画配信サービスは、U-NEXT、dTV、Amazonプライムビデオなどもありますが、バリアフリー字幕の情報がありましたら是非、教えてください。

★MASCはみなさまからのご支援で活動を行っております! 
映像バリアフリーの未来を推進する活動にご支援ご協力お願いいたします。