日本語字幕と音声ガイドで感動をみんなのものに!

実証実験の報告書が公表されました

IMG_1286

経産省のHPにて
「平成27年度コンテンツ産業強化対策支援事業 映画上映に関するバリアフリー対応に向けた障害者の視聴環境の在り方に関する調査事業」
の報告書が公表されました。

リンク:http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2016fy/000144.pdf


 

報告書には、映画館におけるバリアフリー上映実証実験と有識者会議の内容が掲載されています。
また、添付資料として、下記の4点が公開されました。

資料①:バリアフリー映画上映実施に関するアンケート調査結果報告書
※補足資料:バリアフリー映画上映アンケート調査票
(視覚障害者用・聴覚障害者用・映画館スタッフ用・一般来場者用)

資料②:バリアフリー映画上映「映画館用マニュアル」

資料③:視覚障害者向け「スマホで聴く音声ガイド」ご利用ガイド

資料④:聴覚障害者向け「メガネで見る字幕ガイド」ご利用ガイド
この事業の目的は、視聴覚障害者が映画視聴に関してどのような環境的制約があるか、
また、事業者にどのような対応が必要であるか等について調査を行うことでした。

今回、実証実験を行って問題点を抽出しマニュアルやご利用ガイドを整備することで、
いつでもどこでも字幕・音声ガイド付きで映画が楽しめる環境を実現するため、
ようやくスタートラインに立つことができたと言えます。

調査事業にご協力いただき、ありがとうございました。

ぜひ報告書をご覧ください。

 

※テキスト版は以下のリンクにございます。(6月15日追記)

このテキスト版は視覚障害者への情報保障を目的に当団体がテキスト化したものです。
リンク:http://npo-masc.org/pagedatas/wp-content/uploads/2016/06/75c269160ca9d46d65baa1eed0c9aee2.txt