モニター体験ワークショップ
~字幕・音声ガイドで楽しむ映画を考える~

ふだん、テレビや映画を観ていて、この字幕は誰がどうやって作ったんだろう?と気になったことはありませんか?

私たちは映像の字幕や音声ガイドを制作する際、映画製作者と字幕・音声ガイドユーザーのモニターとの意見交換や制作意図の共有を経て、よりよい作品に仕上げています。
障害者差別解消法の施行を4月に控え、映像作品のバリアフリー化が加速している今、このワークショップで“モニター”という映画の新しい見方を体験してみませんか?

ご参加お待ちしています!

開催日時

音声ガイド編 : 2月20日(土曜日)13時から18時

字幕編 : 2月27日(土曜日)13時から18時

場 所 : MASC教室 →アクセス
参加費 : 無料
定 員 : 10名
当事者限定。モニター未経験でやる気のある方歓迎です!応募人数多数の場合は抽選とさせて頂きます。
ゲスト : 山上徹二郎(映画プロデューサー)ほか
字幕編の情報保障 : 手話通訳、文字通訳

内容

字幕・音声ガイドの制作過程とモニターを体験するワークショップ

映画を知る ~バリアフリー映画をスタンダードに
自分を知る ~自分の映画の見方について
現状を知る ~映画のバリアフリーの現状とこれからの展望

お申し込み

応募締め切り:1月31日(日曜日) 24時 *受付終了しました

以下のお申込みフォームまたはメール、どちらかお好きな方からお申し込みください。
参加の可否のお知らせは2月2日(火曜日)中にお送りいたします。
参加される方には、事前に映画鑑賞に関する簡単なアンケートにお答え頂きます。.

お申し込みフォーム

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

性別 (必須)
 男性 女性 その他

年齢
 20歳未満 20~29歳 30~39歳 40~49歳 50~59歳 60歳以上

ご希望の日程
 視覚障害者対象 音声ガイド編 2月20日(土曜日)13時から18時 聴覚障害者対象 字幕編 2月27日(土曜日)13時から18時

※視覚障害の方 あなたは次のうちどれですか(必須)
 全盲 弱視 その他

※聴覚障害の方 あなたは次のうちどれですか(必須)
 ろう 難聴 中途失聴 その他

見えなくなった時期、聞こえなくなった時期
 生まれたときから それ以後(だいたいの時期を下の空欄に記入してください) 不明

ワークショップ時に盲導犬もしくは聴導犬を同伴されますか?
 あり なし

※以下の項目は、視覚障害の方のみにお聞きします。

ワークショップ時に同伴者はいますか?
   あり なし

中野坂上駅からの誘導は必要ですか?
   必要 不要

携帯電話番号(当日の緊急連絡先)

※その他、メッセージはこちらにどうぞ

メールでのお申し込み方法

件名に
『ワークショップ』申し込み
と書いて以下のアドレスへお送り下さい。
info@npo-masc.org

▼本文に以下1~11の項目を明記してください。
1:お名前
2:ふりがな
3:年齢
4:性別
5:障害について(視覚障害/聴覚障害)
6:障害の程度(全盲/弱視/ろう/難聴)
7:いつごろからですか(生まれつき/何歳ごろから)
8:盲導犬/聴導犬の有無
視覚障害者の方へ質問です。
9:同伴者の有無
10:当日の誘導の要・不要(誘導が必要な場合は中野坂上駅に12時45分に集合お願いします)
11:ご本人の携帯番号(緊急連絡のため)

【お知らせとお願い】
1.応募をされた方へは2営業日以内に応募完了メールをお送りします。
何も連絡がない場合はお手数ではございますが再度以下までメールをお送りください。
info@npo-masc.org
またはお電話FAXでお問い合わせください。
メディア・アクセス・サポートセンター事務局 TEL03-5937-2230 FAX03-5937-2233(平日午前10時から18時まで)

メッセージ

突然ですが、みなさんは映画やテレビで以下のような経験はありませんか?

字幕ユーザーの方
・読み切れなかった字幕が気になり、映像を見返したことがある
・ここは字幕がないけど本当に音声がないのかな?と不審に思ったことがある
・この字幕グッジョブ!と画面に向かって拍手をしたことがある

音声ガイド・音声解説ユーザーの方
・うまく想像できなかったけど、仕方ないとあきらめたことがある
・なぜここにガイドをいれないのか、激しく問い詰めたくなったことがある
・あえてここを説明してくれてありがとう、と遠くに合掌したことがある

ひとつでも当てはまる方には「モニター」の素質があります。

映像の字幕や音声ガイドを制作する際、
聴覚障害・視覚障害のモニターと映画の製作者・字幕/音声ガイド制作者との意見交換や製作意図の共有を経て、よりよい字幕/音声ガイドに仕上げていきます。
必ずしもすべての作品で実施されているわけではありませんが、とても大切な工程です。

映画の感動ポイントが人によって違うように、もちろん字幕や音声ガイドの好みも人によって違います。
あなた以外の人がどのように受け止めているのか、なぜこのような表現になっているのか、それを知ることで、きっと映像作品をもっと深く、より楽しむ世界が広がると思います!

障害者差別解消法の施行を4月に控え、映像作品のバリアフリー化は加速していきます。
その前にこのワークショップで映画の新しい見方を体験してみませんか?

ご参加お待ちしています!